10月にセール開催決定!LINEで日時をお知らせ

ねこの健康を、
トイレから。

泌尿器疾患から愛猫を守る
次世代スマートトイレ

ユーザーの声

トレッタがちゃんと稼働するようになり、こだまの体重変化とチッコ量が可視化されて大変興味深い。この体重だと平均的な量だとわかってひと安心。

チッコはトレッタ、ンチは旧トイレと使い分けが定着しつつも、時折旧トイレでもついでにするので、1日の量をきっちり測れているわけではないけれど、1回あたりだいたい40前後〜60mlあたりが「こだまのいつもの量」みたい。

念願のシステムトイレに移行できたおかげで、phチェックも病院に持っていく採尿も楽になった😭 あとは飲み水の量もゆるくチェックできれば。

ここ数年ストルバイトは再発していないので、この調子でうまくコントロールしていけたらいいな。

@osacoro さん

猫が3匹に増え、🐈猫たちがいつ何回おしっこをしているか把握が厳しくなってきたのでトレッタを購入する事に決めました。

今までは、旦那と今誰がした?と声を掛け合って出来る限り把握していたのですが、トレッタを買ってからは、そんな必要もなく夫婦各々のスマートフォンで確認が取れるようになり、とても楽になりました。

猫達には、出来るだけ長生きしてもらいたいのでトレッタの力を借りて夫婦で猫達の生涯を見守っていきたいと思います。

@kinastagrammmm さん

トレッタ3台目購入✨
設置できな〜い😹笑
設置後は「これあたしの〜〜〜!」と言わんばかりに我先にとおしっこするみぃ笑

@idu.mi さん

キトはトレッタでトイレ🚽
必須アイテムになっています!
膀胱炎もあり、トレッタ購入してから
本当にデータが凄くて有難いです(^^)
キトの通院も終わったので、さらにトレッタには活躍してもらいます😆

@kito_tato_ さん

我が家のにゃんずはみんな、トレッタのお世話になりっぱなしです。もはやトレッタ無しは考えられないぐらい笑笑

おしっこ量や回数が分かる、どのうんちをどの子がしたのか分かる、のでにゃんずの体調管理に大活躍中です!

癌の闘病中のはなちゃんは、13歳のおばーちゃん猫なこともあって腎臓の数値があまり良くないので、トレッタで日々観察中。槐くんは膵炎やったので軟便してないか確認したり、トレッタのおかげで膀胱炎が見つかったり。すみれちゃんは元々お腹が弱い子で薬を服用中なので、軟便してないか日々観察中。紅葉くんとひまわりちゃんはありがたいことに今は健康そのものだけど、油断せずに観察し続けなければ。

@yuri_nekoyon さん

トレッタを使い始めてすぐ、、アルが頻繁にトイレ行くのが分かり、尿の量も少ない事が分かり、、血尿も出ていたので、、朝一病院へ💨

病院で対応して貰った結果、やっぱり尿道にクリスタルが詰まっており、カテーテルを入れて開通。その際にドロッとした血液も出てきっと凄く痛かったでしょうとの事😭まだ、お腹にクリスタルがある為、油断禁物‼️

とりあえず、ご飯を変えた効果が出てるようなので、日曜日に再度エコー検査をして今後どうするか検討予定。

手術も視野に入れての検討も考えないと、、。

クリスタルが出来やすい体質の子は、ご飯で予防し、定期的にエコー検査をするのを本当にオススメします‼️‼️

@eri04240509 さん

ふんばる君〰️💩いい表情してるよな~🤤💕
あっ🤭お食事中の方ごめんなさい🙏

2日連チャンで排尿の間隔が長く…ちと心配で😢(19時間とか22時間て😵💦)トレッタの「獣医師LINE相談」利用してみた📩院長先生から丁寧な説明を頂きホッとひと安心☺️✨✨

猫ちゃんの排尿回数は一日1回〜5回一日半~二日近くおしっこが出ていないとか一時間に何回もおしっこする様子を繰り返す事などがあれば病気の可能性ありとの事でした➰かなり要約。。。

こうして相談にものってくれるトレッタさん🚽頼りになりま〜す😄✊感謝✨

@makorin8167 さん

愛猫の“SOS”を見逃さない。

多くのねこを苦しめる、慢性腎臓病や尿路結石などの泌尿器疾患。5歳以上のねこでは最も一般的な死因であり、10歳以上のねこの30~40%が発病するといわれています。

ねこは我慢強く、体調が悪くても隠そうとする生き物。そんなねこを病気から守るためには、毎日の体調を知り、変化にいち早く気付くことが大切です。

トレッタでできること

24時間自動でトイレチェック

ねこがトイレに入るたび、おしっこの量・回数、体重、トイレへの入室回数・滞在時間・経過時間を計測しスマートフォンアプリに記録。泌尿器疾患の初期症状を見逃しません。

首輪不要でねこを見分ける

どのねこがいつおしっこをしたか、多頭飼いでもまとめて健康管理。AIカメラがねこを何頭でも見分けます。

異常値が出たらアラート通知。獣医師への相談も

アラート検知率は97.5%
毎日のデータに異常値が出たら、獣医師からLINEでアラートが届きます。そのまま健康相談もし放題。

テクノロジー×獣医師。
次世代のねこヘルスケア

ねこがトイレに入るだけで体重・尿量などの健康指標を自動計測するIoTスマートトイレに、オンライン&往診型どうぶつ病院がセットになったサブスクリプション型サービスです。

料金

初期費用(トイレ本体代) 19,800円 (税別)

+

ライト
 NEW!

1家族あたり
798円(税別)

基本機能のみのシンプルなプラン。費用をなるべく抑えたい方に。

  • トイレチェック
  • 動画・写真撮影
  • AIねこ顔認識
  • カレンダー・メモ

    ベーシック

    ねこ1頭あたり
    1,111円(税別)

    トレッタの基本機能に、AIと獣医師による健康サポートがセットになったプラン。

    • トイレチェック
    • 動画・写真撮影
    • AIねこ顔認識
    • カレンダー・メモ
    • 自動状態判定
    • 獣医師みまもり
    • 獣医師LINE相談

    プレミアム

    ねこ1頭あたり
    2,222円(税別)

    日々のデータチェックから健康診断まで、獣医師がトータルサポート。

    • トイレチェック
    • 動画・写真撮影
    • AIねこ顔認識
    • カレンダー・メモ
    • 自動状態判定
    • 獣医師みまもり
    • 獣医師LINE相談
    • 訪問健康診断

    ※プラン料金のお支払い方法はVISA、MASTER、AMEXのクレジットカード(JCB除く)およびデビットカード(三井住友銀行のVISAデビットカードはご利用いただけない可能性があります)のみご利用いただけます。

    もっと見る

    ご利用までの流れ

    • ご購入

      トイレ本体をご購入いただきます

    • お届け

      トイレ本体をお届けします

    • セットアップ

      同梱の手順書に従いWi-Fi等のセットアップを行います

    • アプリインストール

      専用のスマートフォンアプリをインストール

    • プラン選択

      プランを選択し、月額料金をお支払いいただきます

    • トレッタ生活スタート!

      プランごとのサービスをご利用いただけます。

    よくあるご質問

    はい、管理できます。

    ご利用途中で、ねこやtoletta®を追加することも可能です。

    toletta® には、猫の顔をAIで識別する顔認識技術(特許取得済み)を使ったカメラが搭載されており、首輪やタグを使わずにねこを識別することができます。

    ※使い始めの数日間は、toletta® がねこを覚えるための学習作業が必要です。最初はtoletta®が撮影した写真を見分けてAIに教えてあげる必要がありますが、この作業を正確に続ければ識別が可能になります。

     

    飼い主さまが写真を見て見分けられるねこであれば、何頭でも識別が可能です。

     

    ●猫砂
    システムトイレ対応の猫砂で、「固まらない/崩れない/吸収しない」タイプものがご利用いただけます。
    ※推奨市販品:ユニチャーム デオトイレ 緑茶成分入り消臭サンド

    ●尿シート
    尿トレイ縦42cm×横29cmにおさまる市販品のものであればご利用いただけます。

    ライトプラン、ベーシックプランは日本国内在住であればどなたでもご利用いただけます。

    ただし、往診型健康診断を含む「プレミアムプラン」は、東京・神奈川・千葉・埼玉の方のみを対象としております。ご了承ください。 

    トレッタ通信

    会社概要