90日間お試し無料&返金保証

5/31まで!

乳腺腫瘍の見つけ方

獣医師が執筆しました
中村 暢宏 先生

獣医師・獣医学博士

博士研究員(酪農学園大学・早稲田大学・国立感染症研究所)

ねこの乳腺腫瘍とは

ねこはお腹に4対、計8つの乳腺(おっぱい)が存在しています。そして、人と同様にねこにおいても乳腺に腫瘍ができることがあります。腫瘍の形は様々ですが、丸くコリっとしたしこりとして触れることが多いです。ねこに発生する腫瘍の中で、乳腺腫瘍の割合は17%を占めるとされ、実に3番目に多い腫瘍であることが報告されています。また、腫瘍は良性と悪性の2パターンに大別されますが、ねこの乳腺腫瘍の約9割は悪性(乳腺がん)であるとされており、ねこの悪性腫瘍の中では最も発生数が多いとされています。

腫瘍のほとんどは高齢での発生が多いですが、ねこの乳性腫瘍も12歳程度での発生が最も多いとされています。この記事では、ふだんのスキンシップでの乳腺腫瘍の見つけ方を確認していきましょう。

大きさと予後の関連

腫瘍の大きさと予後(生存期間)には関係性があるとされています。腫瘍の直径が2 cm以下では平均して4.5年、2〜3 cmでは2年、3 cm以上の場合は約6ヵ月と、2 cm以上の腫瘍では極端に生存期間が短くなってしまうことが報告されています [1]。そのため、なるべく小さな腫瘍の時点で早期発見し、治療を行うことが重要になってきます。

 

ふだんのスキンシップが早期発見につながる

ねこの乳腺腫瘍は、なるべく小さいうちに発見できるかどうかがその後の生存期間を大きく左右するため、おうちでの早期発見がカギとなります。そこで、おうちでの見つけ方のコツをご紹介します。

・リラックスして機嫌がいいときや、遊んで欲しそうなときに行いましょう。

・仰向けにして、膝と太ももの間に寝かせるようにしましょう。

・お腹の上の方から、脇の下、おっぱいの周辺、後ろ足の付け根のあたりまで、お腹全体を左右分けてゆっくり触っていきましょう。

・腫瘍は丸くコリっとしたものの他に、少しいびつでボコボコしたもの、毛に覆われて目では見つけにくいものなど様々です。

・特に長毛のねこでは毛玉とできものとの区別が難しくなるため、日頃からブラッシングをして毛玉を解消しておくことをお勧めします。

・1つの基準となる大きさ、直径2 cmは1円玉の直径と同じですので、1円玉よもも小さなできものを見つけられるように気をつけて探しましょう。

・もし途中で嫌がるようでしたら、無理はせずにやめてあげましょう。無理して続けると信頼関係が崩れ、今後お腹を触られるのが嫌になってしまうことがあります。

 

できものが見つかったら?

まずはいつ見つけたか、腫瘍の場所、個数、大きさをメモしておきましょう。ねこの乳腺腫瘍は同時に複数個発生することがあるので、他にもしこりがないか注意深く確認しましょう。しこりを見つけたらなるべく早く動物病院へ受診し、見つけた時の情報を獣医さんに伝えましょう。獣医さんがさらに詳細に検査を行うことで、できものが腫瘍かどうか、腫瘍だった場合には乳腺腫瘍かどうかなどを調べていきます。

ねこの乳腺腫瘍の診断・治療法、さらに有効な予防法についての情報はねこの乳腺腫瘍についてをご参照ください。

 

参考文献:

1. MacEwen EG, Hayes AA, Harvey HJ, Patnaik AK, Mooney S, Passe S. Prognostic factors for feline mammary tumors. J Am Vet Med Assoc. 1984 Jul 15;185(2):201-4.

2. 猫の治療ガイド2020, 辻本元、小山秀一、大草潔、中村篤史、2020年

 

執筆者

中村 暢宏 先生 (獣医師・獣医学博士)

北海道出身。北海道の酪農学園大学を卒業後、都内動物病院にて臨床獣医師として勤務。その後、抗生剤の効かない薬剤耐性菌に対する治療法の研究を行うため、酪農学園大学大学院博士課程に進学。2022年3月に博士号を取得後、酪農学園大学・早稲田大学・国立感染症研究所にてポスドクとして研究を行いながら臨床にも携わっている。専門・得意分野は感染症、消化器、免疫疾患など。無類の猫好き。