【重要】STORES.jpでtoletta®を購入済みの方へ

多尿アラート機能|アプリバージョンアップのお知らせ

スマートねこトイレ「toletta®」専用アプリでは、2020年4月30日、1日の尿量が多い場合にアラートが出る「多尿アラート機能」をリリースしました。

※こちらの機能は、「ベーシックプラン」 および 「プレミアムプラン」ご加入の方のみ対象となります

多尿を検知した場合は、今日の健康状態を表す矢印の下に「💧多尿を検知しました」というアラートが表示されます。

 

アプリ画面

 

このアラート機能を追加した経緯:

 ねこには、たくさんのおしっこをする多尿とよばれる症状を示す病気(腎臓病・甲状腺機能亢進症・糖尿病など)があります。多尿は獣医学では、1日の合計尿量が体重1kgあたり50ml以上と言われており、今回の「多尿アラート」はそちらの基準を採用しています。

従来のアラートは変化率を基準として、尿量増加の初期症状の発見に役立っておりましたが、新機能の「多尿アラート」では、既に多尿のために尿量にあまり変化が見られないねこでも、多尿としてアラートが出るようになります。

今後、尿量にこの2つのロジックが適応されることにより、より一層病気の可能性のあるねこにアラートが届けられることが期待されます。 

―トレッタねこ病院院長 獣医師 浅見優樹

 

これからも、ねこの健康管理に役立つ機能を追加予定です。
ぜひお役立てください。

 

獣医師紹介

浅見 優樹

トレッタねこ病院 院長
浅見 優樹

北里大学獣医学部獣医学科 卒業、College of Veterinary Medicine Purdue University International Clinical Rotation Extern 修了。都内ねこ専門病院で毎日猫の診療に従事する傍ら、多数の保護猫の処置も経験。現在、トレッタねこ病院院長。

ひとこと
山間の小さな町に生まれ小さい頃から動物に囲まれて育ちました。ねこちゃんはもちろん動物のことが大好きです。今は保護猫と飼育放棄犬とともに暮らしています。常にねこちゃん達への親しみのこもった優しい診療、治療、また飼い主様への丁寧な説明を心掛けています。 猫と人が健康で幸せな未来をトレッタとともに創れますように。