多頭飼いさんは要注意!ねこ同士もうつる「猫風邪」の特徴

トレッタねこ病院の獣医師が、ねこの病気を徹底解説!
一般的には「猫風邪」と呼ばれる「猫上部気管感染症」について解説します。ねこ同士も感染するので、多頭飼いさんはよく読んで、理解しましょう。

猫風邪とは?

猫風邪は、猫上部気管感染症という診断名の俗称で、感染症のひとつです。くしゃみや鼻水、結膜炎、涙目など様々な症状を引き起こします。重症化すると肺炎を引き起こすことがあります。“風邪”の俗称の通り、猫同士でうつりやすいため、多頭飼いされている場合は注意が必要です。

原因は?

原因となる微生物は、猫ヘルペスウイルス1型や猫カリシウイルス、時にはクラミジア(*)とさまざまです。
* いずれのも人にはうつりません。

猫風邪の原因のほとんどを占めると考えられている「猫ヘルペスウイルス1型感染症」は、猫風邪の症状が消えても完治はしません。ウイルスの一部は、体の内部に潜んでしまうので、完全に体から排除されないという特徴を持ちます。そのため、ねこが何らかの原因で免疫力が低下するとウイルスが再び増加してしまい、猫風邪の症状が振り返すこともしばしばあります。仔猫で衰弱している場合などでない限り、致命傷に至ることはありませんが、症状の悪化で結膜炎や食欲の減退を起こすため注意が必要です。

検査はどうするの?

視診と問診、触診で総合的に判断し、鼻水や目の検査をして細菌の感染がないかチェックします。ウイルスのチェックは、専門機関での遺伝子検査になります。場合によっては、胸のレントゲンをとって肺炎かどうかチェックすることもあるかもしれません。

治療方法・対処方法は?

目薬や飲み薬の抗生剤を処方しますが、実は抗生剤はウイルスには効果がありません。動物の抗ウイルス薬はほとんどないため、抗生剤により二次感染(猫風邪をひいた状態で別の細菌に感染すること)による悪化を防ぎ、安静にして、ねこ自身による回復を待ちます。重症の子には抗ヘルペス薬の目薬を処方することもあります。


以上、今回は猫風邪(猫上部気管感染症)について解説しました。ねこの風邪はあなどれませんね。少しでも風邪っぽい症状が見られたら、獣医師に相談してみましょう。

少しでもねこを愛する皆様のお役に立てればと思います。
全てのねこの健康と、幸せな毎日を願っております。

この記事を書いた人

浅見 優樹

トレッタねこ病院 院長
浅見 優樹

北里大学獣医学部獣医学科 卒業、College of Veterinary Medicine Purdue University International Clinical Rotation Extern 修了。都内ねこ専門病院で毎日猫の診療に従事する傍ら、多数の保護猫の処置も経験。現在、トレッタねこ病院院長。

ひとこと
山間の小さな町に生まれ小さい頃から動物に囲まれて育ちました。ねこちゃんはもちろん動物のことが大好きです。今は保護猫と飼育放棄犬とともに暮らしています。常にねこちゃん達への親しみのこもった優しい診療、治療、また飼い主様への丁寧な説明を心掛けています。 猫と人が健康で幸せな未来をトレッタとともに創れますように。

 

宮城 太輔

トレッタねこ病院 獣医師
宮城 太輔

北海道大学獣医学部獣医学科 卒業、京都府の動物病院にて約4年間小動物臨床医として勤務。

ひとこと
ねこちゃんも長寿化が進んできておりますが、長く健康に過ごしてもらいたいものですね。ねこの健康寿命を伸ばすためには、健康管理、予防医療、病気の早期発見・早期治療、疾患のコントロールの正確化、などを実現していく必要があります。テクノロジーの力がこれらをより身近かつ手軽な形で実現していく。そして、人とねこの幸せが増えていく。そんな未来をトレッタと一緒に作っていきたいと願っております。