尿毒症

・尿毒症とは?

腎臓から体外に排出されるべき老廃物が体に溜まってしまって生じるさまざまな症状のことです。進行した腎臓病や急性の腎臓の障害が起こった時に生じることが多いです。尿毒症は命に関わる症状になります。


・どんな症状を引き起こす?

尿毒症の初期は元気減退や食欲不振を引き起こします。尿毒症がさらに進んでくると吐き気、嘔吐、下痢の症状をひきおこします。また、口腔粘膜が荒れて口内炎や歯肉炎になりやすくなります。末期になると意識混濁、痙攣発作などの神経症状も引き起こし、多臓器不全(全身の臓器が正常に働かなくなり、生命が維持できない状態)を起こして死に至ります。


・原因は?

慢性腎臓病による腎臓の機能の低下や、中毒や尿道閉塞、尿管結石などによる急性腎障害によって引き起こされます。腎臓は体の中の老廃物を体外に排出する働きがあります。腎臓の機能が低下すると、排出するはずだった老廃物が体内に溜まってしまい、症状を引き起こします。


・対処方法

慢性腎臓病を患っている状態で、食欲不振や嘔吐が続くならば早めに動物病院を受診しましょう。また、急激に元気がなくなったり嘔吐、痙攣を起こすならばすぐにでも診察している動物病院にいって受診しましょう。


治療は、皮下点滴や静脈点滴をすることで腎臓の血液の巡りをよくして、腎臓でおしっこを作ってもらい、老廃物の排出を促します。それでも老廃物の排出が間に合わない場合や腎臓がおしっこを作らなくなってしまった場合は、腹膜透析や血液透析を行うことがあります。ただし、動物に対して透析を行うことは非常に難しく、また高額治療になります。また、透析が行える動物病院施設は全国に多くなく、希望する場合は担当の獣医師とよく相談しましょう。