ねこに多い慢性腎臓病って何?

腎臓の機能とは?


腎臓の重要な機能は老廃物の排泄、つまり身体の中にある悪いものを外に出すことです。身体に必要なものは回収し、必要ないものや害のあるものは外に出すため、とても緻密な構造をしています。そのため、一度壊れてしまうと再生出来ず、元に戻らない臓器になります。


なんで腎臓病になるの?


ねこの先祖であるリビアヤマネコは、砂漠地帯で暮らしていたため、水を飲まなくても生きていけるからだの構造をしていました。そのために腎臓に掛かる負担は大きく、現代のねこ(イエネコ)もその構造を継承していますが、寿命が延びたことで泌尿器の機能の負荷が増加し、病気にかかりやすくなっています。


慢性腎臓病とは?


慢性腎臓病は長期に渡って腎機能が低下する不可逆的な病気です。つまり、 慢性腎臓病はゆっくりと進行し、一度低下した腎機能は元には戻らない病気です。初期は症状を伴わないことや症状に気付きにくいことが多く、通常腎機能の障害がかなり進んだ状態で気付くことが多いです。症状としては多飲多尿、食欲低下、食べムラ、体重減少、毛ヅヤの低下、脱水などや症状の進行とともに貧血、嘔吐、口内炎など様々な症状が認められます。


検査方法は?

 

血液検査や尿検査、エコー検査、レントゲン検査などがあります。慢性腎臓病とはいっても様々な原因が関与している可能性がありますので、掛かりつけの獣医さんとよく相談し必要な検査を受ける様にしましょう。


治療方法は?


失ってしまった腎臓の機能を元に戻すことができません。したがって、病気の進行を遅らせるために腎臓用の療法食や内服薬、点滴などを用いて治療することが多いです。


慢性腎臓病では早期発見・早期治療は大切なためにtolettaなどを用いて、多尿などの症状に家で飼い主様が症状に気付くことが大切になります。また、定期健診などで血液検査を定期的に行うことも、早期発見の手助けとなります。少なくとも一年に一回は健康のために血液検査をお勧め致します。