多尿とは?

・多尿とはどのような状態でしょうか?

多尿とは、おしっこの量が標準の量よりも多い状態のことを言います。猫のおしっこの量は体重1kgあたり5~25mlと言われております(toletta調べ)。体重あたりのおしっこが標準値の範囲よりも多くなると多尿と言われます。例えば、3kgのねこならば、1日あたり75ml以上のおしっこをしていると多尿と言えます。5kgのねこならば、125mlとなります。

多尿の状態になると、水分がどんどん体から出て行ってしまうので、お水は好きなだけ飲めるようにしておきましょう。こちらのお水の飲み方について書いた記事があるので参考にしてください。獣医師の指示なしに飲水量の制限は絶対にしてはいけません。

・どうして多尿になるのか?

多尿になるのは以下のような時です。
・腎臓で作られるおしっこの量が多いとき
・腎臓がおしっこを濃くすることができないとき

まず、おしっこがどのように作られているのか簡単にご紹介します。
おしっこの材料は血液です。血液が腎臓で濾過されておしっこの元ができます。おしっこの元は腎臓の中を通っていくが、腎臓はおしっこの元から必要な栄養分を体の中に引き戻し、体に不必要な成分はさらにおしっこの中に排出していきます。このとき、水分も必要な栄養分として腎臓によって吸収されます。こうして、おしっこは濃くなっていきます。おしっこの元から最終的に出来上がるのがおしっこです。腎臓でできたおしっこは尿管を通って膀胱に運ばれていきます。

ここで、おしっこの量を調節する部分は2つです。これらが多尿になる時のポイントとなっております。
・腎臓で血液からおしっこの元を作るとき
・腎臓でおしっこを濃くするとき

また、その日の体調やお薬の投与によって、一時的に多尿になることがございます。多尿かどうかの判断は、1日ではできません。数日分のおしっこの量から判断します。多尿が数日続いているかどうかが、病気につながっている多尿を見分けるポイントとなります。

・どうして多尿が問題なの?

1日だけ多尿になった場合は大きな問題にはなりません。しかし、継続的に多尿になる場合は、様々な病気の可能性がございます。下記が多尿の病気の例です。

◆多尿になる病気例

腎臓病
甲状腺機能亢進症
糖尿病
上皮小体機能亢進症
肝機能不全
子宮蓄膿症
ステロイド投与
副腎皮質機能亢進症
中枢性尿崩症
など


・尿量の計算の仕方

もし、尿量の実数値が気になる方は是非計算してみてください。

(式)
おしっこの量(ml)÷ 体重(kg)=体重1kgあたりの尿量(ml/kg)

おしっこの量は1週間のおしっこの量の平均値を使うと、より正確に尿量が算出されます。
体重も1週間のうち1番猫ちゃんの体重が正確に測れている数値を使いましょう。


多尿がどのようなものかお分かりいただけたでしょうか?多尿に気づくことによって、病気の早期発見につながることがございます。多尿かも!?と思ったら、一度動物病院で健康診断を受けることをお勧めいたします。