10月にセール開催決定!LINEで日時をお知らせ

冬の温度管理について

ねこの先祖は砂漠地帯出身と言われており、暑さよりも寒さに弱いと言われております。いぬは喜び庭かけまわり、ねこはこたつで丸くなるとはまさにその通りですね。今回は寒い冬をねこ達に快適に乗り切ってもらうための方法や注意点になります。

 ※ノルウェージャンフォレストキャットやメインクーンと言った北国出身といわれている長毛やダブルコートといわれる被毛を持っているねこは寒さに強く、暑さに弱いと言われていますので注意が必要です。

 寒いとなにが起きるの?
 
 寒い時にねこでよく言われるのが、行動をあまりしなくなること、特にお水を飲む量が少なくなる傾向があります。これは[リンクお水を飲んでもらうために]こちらでも書いているように、とてもねこにとって大切なことになります。お水が少なくなると尿石症や膀胱炎になりやすく、動物病院でも冬場この病気の来院数が多いことからも伺えます。

快適な温度は?

 ねこに快適と言われる温度は26-28度くらいと言われています。思ったよりも高いのではないでしょうか?住んでいるひとが快適に感じる温度とねこの理想温度のどちらにもなるべく近い温度にエアコンや暖房の設定温度を見直してみるといいかもしれませんね。

 ホットカーペットなどの落とし穴!

 ホットカーペットなど暖かいものが好きなねこは多いですよね。暖かいことは良いことですが、注意が必要です。高温になり過ぎていたり、長時間の使用で低温やけどなどになってしまうことも…

※冬場に見られる低温やけど
 暖かいことが大好きですが、低温やけどは注意が必要です。低温やけどは体温より少し高めの温度のものに長時間触れ続けることによって起きる火傷です。ねこの体温は38度前後で言われていますが、ねこちゃんが眠ったりして長時間いることや場所によっては50度以上の部分になってしまうことがあるため、なかなか近づかないかと思いますが注意が必要です。なるべく低温に設定し、極度な高温になることは控えましょう。
 症状としてはやけど部分の脱毛や皮膚のただれ、皮膚の赤みなどがあります。酷い場合は皮膚自体が脱落してしまうことも。もちろんねこ自身も痛みや違和感も感じます。

これらに気を付けて快適に冬を過ごして頂ければと思います。